みなさん、こんにちは。

マタドールの伊藤です。

 

今月からランニングクラブでは「インターバル走」を始めました。

 

 

 

 

 

 

 

この練習を導入する理由やどのくらいの強度で走る必要があるのかについて解説していきます。

 

インターバルの効果としては、「スピード持久力」や「心肺機能の向上」です。

持続的なきついトレーニングを行うより、断続的なランニングを何度か繰り返すことで、より強い刺激を身体に与えようというものがインターバル走です。

インターバル走の理想的な疾走時間は毎回5分以内に終えることがポイントになります。

 

 

 

 

 

 

 

インターバルの種類にはショートからロングまであります。

〇ショートインターバル200~400m

例)400m(全力)+200m(ジョグ)×10~20本

〇ミドルインターバル800~1000m

例)1000m(全力)+400m(ジョグ)×3~5本

〇ロングインターバル1000m以上

例)1500m(全力)+500m(ジョグ)×2~3本

 

スピード練習が初めての方は「ショートインターバル」本数を3~5本で始めることをおすすめします。最初の1本だけ速くて、2本目以降がダラダラと遅くならないように、つなぎのジョグで心拍数を下げてから次を走り出してくださいね。目標タイムをしっかりと設定して練習に取り組みましょうね。

 

では、今月も頑張りましょう!!